快適でお洒落な暮らしのアイデアいっぱい!

「Room’s Style vol.8 」 できあがりました🌸❣

こんにちは、商品部鈴木です。

年2回ペースで発行しております、大正堂カタログ「Room’s style vol.8」 発行で~す(;´∀`)✋

巻頭のコーディネートページは「今」という時代を感じさせるスタイリングシーン。

10年前のインテリア雑誌を思い起こすと、クラシックスタイル、カントリースタイル、北欧スタイルというようにわかりやすいコーディネートだったと思いませんか?今は、ガチガチに揃えるのではなく、異なる素材感やテイストを混在させた方が、空間が和らぎ、くつろぎが生まれる、と支持されているようです。

表紙のリビング、全容はこんな感じ。

ローバック、スリムな肘、軽やかな足元、という最近のソファのトレンドをふまえた、キャメル色・本革貼りのソファを中心に、いいな、と思うものを直感でセレクトして集めたようなリビングです。

  • 石の塊をくりぬいたような天板と細いクロームメッキの脚とのバランスが絶妙なリビングテーブル
  • グレイッシュな色調の繭玉のようなマチエールのウールラグ
  • ウォールナットの天然木天板に艶消しブラックの平角脚、エッジの効いたデザインのサイドテーブル
  • 樹脂製のちょっとレトロなスィングチェアや原色イエローの遊び心のあるスチールチェア
  • チーク材の木片を張り付けた丸太のようなスツール
  • アートオブジェのようなカッパー(銅)色のコートハンガー
  • ソファ回りには、天然の羊の柄が楽しいムートンやエスニックな雰囲気のクッション・メタル調のクッション等

様々な質感やカラーを重ねているけれど、なんとなく落ち着けそう。あまり、深く考えずに、感性の赴くまま、好きなものを集めれば、きっとそれはその人の個性が感じられる居心地のいい部屋が出来上がるはず(^_-)-☆

みなさんも自由チョイスのミックスコーディネート、挑戦してみませんか?

そして、今回は人の気配を感じさせるシーンを差し込んで、リアリティを感じさせるカタログにしたいと、いろいろ試みてみました。

例えばこんな風に人物を入れてみる…

どうでしょうか、生活のひとコマを切り取ったように見えますか?

また、こんなふうに、小さいカットを差し込んでみたりもしました。

グリーンをテーマカラーに、全体にやさしい色調のカラースキム。

インテリアカラーではこのところ、ブルーやグレーが人気ですが、今はこんな落ち着いたグリーン、迷彩に使われていそうなグリーンがいい感じでしょ。(^_-)-☆

そして、これから秋深まる季節。床でくつろぐスタイルではこんなインディゴブルーのデニムのソファはいかがですか?別売りの脚はねじ込み式で気軽に付けたり外したりできるので、夏は高くして涼しげに、冬は床座でこたつでくつろぐ、というのもいいかも…

テーブルも拡張したり、高さを変えられたりするものを選べば、大人数にも対応できるので便利です。

 

こんな風に「Room’s Style」ではお洒落な暮らしのアイデアをちりばめたスタイル提案に力を入れています。

ぜひ店頭でお手にとってご覧ください。ルームズ大正堂全店・店頭でご自由にお持ちいただけます。もし、見つからない時は、お気軽にスタッフにお声かけください。

そして、感想などありましたら是非お聞かせくださいませ。